BLOG
ブログを読む
【技術情報】
2019.12.01

LINE DEVELOPER DAY 2019

ブログを読むBLOG

11/20,21に開催されたLINEの技術カンファレンスに行ってきました。グランドニッコー東京 台場で開催され、エントランスはこんな感じ。

これ、なんとスマホでできてるんですよ!

二日目の午後のみの参加でしたが、レポートを書きました。




What’s New in LINE Front-end Framework
https://speakerdeck.com/line_devday2019/the-internal-of-line-official-accounts-advanced-broadcast



LINE UIT1室 Product Manager 清水 大輔さんによる、LINE Front-end Framework (LIFF)についてのセッションでした。LIFFの存在も知らないで聴いてみたら、会場の半数くらいはLIFFを使った開発をしてるとのこと(汗LINEの乗り換え案内とかは、LIFFを用いて作られているようです。LIFFはもともとLINE上のWebViewで表示させるためのフレームワークだったそうですが、ブラウザでも表示できるようになどなど、version2で機能拡張されたとのこと。これ使えば、ログイン/メッセージ通知などはLINE側に任せられるので、いろいろ簡単にサービス構築できるのでは?と夢が広がりました。





進化したLINE公式アカウントのメッセージ配信を支える技術

https://speakerdeck.com/line_devday2019/whats-new-in-line-front-end-framework

LINE UIT1室 Product Manager 清水 大輔さんによる、LINE Front-end Framework (LIFF)についてのセッションでした。LIFFの存在も知らないで聴いてみたら、会場の半数くらいはLIFFを使った開発をしてるとのこと(汗LINEの乗り換え案内とかは、LIFFを用いて作られているようです。LIFFはもともとLINE上のWebViewで表示させるためのフレームワークだったそうですが、ブラウザでも表示できるようになどなど、version2で機能拡張されたとのこと。これ使えば、ログイン/メッセージ通知などはLINE側に任せられるので、いろいろ簡単にサービス構築できるのでは?と夢が広がりました。





進化したLINE公式アカウントのメッセージ配信を支える技術

https://speakerdeck.com/line_devday2019/the-internal-of-line-official-accounts-advanced-broadcast

LINE OA Dev 1チーム Software Engineer 岡田 遥来さんによる、LINE公式アカウントのリアルタイム分析機能についてのサーバサイド技術のセッションでした。ピーク時の秒間イベント数が50万にも及ぶため、RedisとHBaseを併用したりKafka Streamを用いたりしているようです。もともとはリアルタイム分析が出来ないシステムであり、リアルタイム化したことにより端末のLINEアプリ側の動作が遅くなることはNGとのことでした。そのため、分析に必要なmetadataをアプリ側に送りつけるのではなく、サーバ上でmetadetaを保存しておき、分析時にmetadataとJOINするような仕組みをとってるとのこと。難しかった・・・。




デザインシステムにおけるフロントエンド

https://speakerdeck.com/line_devday2019/front-end-in-design-system

LINE Front-end Standardizationチーム Front-end Engineer 岡崎 晶彦さんによるLINEにおけるフロントエンドのセッションでした。UIT室という組織があり、connpassを通じた各種イベントを開催したり、bootstrap日本語翻訳のサイトを作成したり、と社外活動も様々なことを行っているようです。LINEは様々なコンテンツを提供しており、CSSフレームワークとしてkoromoを作ったり、iconも統合管理(閉じるボタンでも10パターンある!)したり、とデザインシステムを構築していっているようです。





【実演】
日本の自治体が提供するLINEを活用した便利なサービスを体験し、その作り方を学ぼう

スライドが公開されていないようなので、詳細はClassmethodさんのレポートをどうぞ。株式会社Bot Express 中嶋 一樹さんによる、LINE上のChatbotを利用した自治体向けのサービスについてのセッションでした。中嶋さんは最近までLINEに所属していたようですが、この事業のため会社を設立したとのようです。このセッション、単なるデモかと思いきや、これを聴くためだけでもお台場まで来て損はないと思うくらい、すばらしいものでした。サービス自体の説明、技術的な説明、そして最後に説明された下記missionについて強い信念を持っておられるようで、非常に共感しました。・ 合理的なユーザー体験で社会を先導する・ コンセプトをデファクトスタンダードにする・ 共鳴する人々と開拓をおこなう・ 豊かなワークライフを優先するほんと、この方のお話はお勧めなので、機会があればぜひ聴いてみたほうがいいです。




ビジネス、テクノロジー、クリエイティヴのバランスをとるには?

https://speakerdeck.com/fladdict/bizinesu-tekufalserozi-kurieiteivufalse-baransuwotoruniha


THE GUILD 代表 UI/UXデザイナー 深津 貴之さんのセッションでした。noteを運営している会社のCXOもやられているとのこと。(CXOってなに?)システムを創り運営していくには、ビジネス/テクノロジー/クリエイティブの部門が共通のゴールに向けて調和する必要があるというお話でした。おもしろかったのは、こんなサービスにはなりたくないというものをあげて、理想だけではなく失敗イメージも予め共有しておくとのこと。例えば、特定のライターに偏ることがないよう、noteではランキングを公表していないらしい。深津さんがこちらで補足されていますのでどうぞ。
その他にも、ブースでLINEが提供予定のブロックチェーンの話を聴けたり、半日のみの参加でしたが有意義な時間でした。お弁当、イベント用にデザインされたお水、おやつまで無料で振舞われ、さらに豪華なノベルティも頂きました。来年もぜひ参加させて頂こうかとおもいます。LINEさん、ありがとうございました。

SHARE

READ MOREもっとブログを読む

【帰社会】
2019.09.25
第11期[2019-2020]キックオフ
MORE
続きを読む
【帰社会】
2018.09.19
第10期[2018-2019]キックオフ
MORE
続きを読む
【帰社会】
2020.06.10
リモート帰社会
MORE
続きを読む
VIEW ALL

RECRUIT求人情報・募集職種

システムエンジニア・SE(Java,Java Scriptによる防犯We...
    MORE
    続きを読む
    システムエンジニア・SE(Java,Pythonによるクレカ会員サイトの開発)
      MORE
      続きを読む
      システムエンジニア・SE(Java,TypeScriptによる建機管理シ...
        MORE
        続きを読む
        システムエンジニア・SE(Typescript,Python3によるドロ...
          MORE
          続きを読む

          ENTRYエントリーする

          募集要項をご確認の上、ご応募ください。

          ENTRY
          1. Top
          2. ブログを読む
          3. LINE DEVELOPER DAY 2019